心臓を休ませる薬|アガリ症を治そう!インデラル・ジェネリックでいつでも平常心

アガリ症を治そう!インデラル・ジェネリックでいつでも平常心

白い錠剤

心臓を休ませる薬

何かを発表するために人前に立つ、このときに心臓がバクバクして顔が真っ赤になり、頭が真っ白になる。声が震えて裏返り、キーンと耳鳴りがして、思考力が著しく低下して何を言っているのか自分でもわからなくなってしまう……そんなアガリ症の人が飲むべき薬としてあるのが、インデラル・ジェネリックです。「ジェネリック」という語が付いているように、この薬はインデラルという「先発医薬品」と同じ有効成分を使ってつくられた「後発医薬品」となっています。ジェネリック=後発医薬品は先発医薬品よりも安く購入できるので、「アガリ症はゼッタイどうにかしたいがお金がかかるのはイヤだ」という人は、インデラル・ジェネリックを選ぶと良いでしょう。

さて、そんなインデラル・ジェネリック、どんな仕組みでアガリ症を改善してくれるのか、気になるところでしょうから、説明しましょう。
この薬は、「心臓を落ち着かせる」という働きをする薬です。心臓はドクン、ドクン、と一拍リズムを刻むごとに血液を体中に送り出していますが、緊張すると心拍の数はどんどん増え、最終的にはバクバクと激しく脈打ち、大量の血液が放出されることになります。その結果、顔が赤くなり、需要過多で頭の中はいわば瞬間的なオーバーヒートみたいな感じで「頭が真っ白に…」という状態になってしまうわけです。
そこで、インデラル・ジェネリック。この薬を飲むと、有効成分のプロプラノロールが心臓の鼓動を早める交感神経をシャットアウト。緊張しても交感神経が眠っているので心臓はその影響を受けず、いつもと同じく規則正しいドクン…ドクン…という感じで脈打ちます。
こうして、インデラル・ジェネリックのおかげで私たちはアガらず、顔を真っ赤に刷ることなく落ち着いて話すことができるようになるのです。